食のトレンド
2015.03.25

国産和牛の中でも特に上質とされる三大和牛「神戸牛、松阪牛、近江牛または米沢牛」
その中でみなさんが思いつく和牛といえば、真っ先に「神戸牛」をイメージされる方が多いのではないかと思うほど、知名度は抜群です。

兵庫県産の但馬牛の中でも、選りすぐりの品質のものに与えられる名称が「神戸牛」で、厳しい基準を満たした牛にのみ語ることが許される”国内牛肉の最高級のブランド”の一つと言えます。

山地が多かったため引き締まった体を持ち、良質な水と食料となる軟らかい牧草のある恵まれた風土にて、その肉質がつくられました。キメ細やかなサシ(脂肪)、上品な甘みのある赤み、オレイン酸やイノシン酸の旨味成分が豊富に含まれ、長年に渡り美食家をうならせてきました。

神戸牛は農家のたゆまぬ努力によって「和牛の代名詞」となり、海外のセレブリティからも圧倒的な支持を受け、現在も世界的ブランド牛として末永く認知され続けているのです。

▲ ページトップへ