~神戸歩き~南京町編
2015.04.08

南京町は神戸の中華街として知られている、チャイナタウンです。
貿易港として発達したことで築かれたことが始まりで、南京町には多くの中国人が住み始めたのです。
異国情緒漂う神戸の街の象徴的な場所で、100軒ほどのお店が立ち並んでいます。

4月5、12、19日の日曜日に「興隆春風祭」というイベントが開催されます。
2007年から始まり、南京町に来た方たちに向けて中国の伝統芸能披露するといった賑やかなイベントとなっております。
春節を終えたばかりですが、いつ行っても中国の雰囲気を味わうことができるのが、横浜の中華街とは少し違った特徴です。

ぜひ、神戸へ行かれた際は南京町を歩いて楽しんでみてはいかがでしょうか。

▲ ページトップへ