神戸でおすすめのひげ脱毛の特徴
2016.09.10

ひげ剃りから解放されるひげ脱毛

ひげが濃い男性は、毎日のひげ剃りに苦労していることでしょう。無精ひげを生やしていると、仕事上もあまりよくありませんし、女性にも不潔な印象を与えてしまいますから、いつもすべすべのきれいな状態にしていたいものです。

しかし、ひげは剃っても剃っても生えてきます。特に濃い人は、朝剃っても昼にはもう無精ひげ状態という人も少なくありません。ひげ剃りが面倒な方は、神戸でおすすめのひげ脱毛を行うのが良いでしょう。ひげ脱毛を行うと、徐々にひげが生えてこなくなってきて、最終的には、毎日のひげ剃りから解放されます。

毛周期に合わせてひげ脱毛

神戸のひげ脱毛は、毛周期に合わせながら行っていきます。毛は成長初期、成長期、退行期、休止期の4段階を繰り返しながら、新しい毛に生え変わっていきます。毛周期は2~3か月ですので、ひげ脱毛も2~3か月に一回のペースで行っていくのが効果的です。

休止期の毛は全体の3分の2あります。つまり表面に出ている毛よりも多いのです。脱毛は成長期あるいは退行期のときにしか効果がありませんので、休止期の毛もすべて脱毛していくのは1年以上の期間が必要になってきます。そのため気長に続けていくことが大切です。

ひげのデザイン脱毛とは

神戸でおすすめのひげ脱毛の一つに、単純に脱毛していくのではなく、ひげのデザインを意識しながら不要な部分のひげを脱毛してくれるエステサロンです。鼻の下やあごにはひげを生やしたいけど、頬のひげが剃りたいというような場合におすすめです。

ひげのデザイン脱毛を行うには、一本、一本脱毛していく針(二-ドル)脱毛になります。そのため光脱毛やレーザー脱毛のみしか行われていない神戸のエステサロンやクリニックの場合はできません。針(二-ドル)脱毛は痛みが強いということで敬遠されがちですが、クリニックでは麻酔をして行うこともあります。

ひげ脱毛の痛みは個人差がある

フラッシュ脱毛機器でひげ脱毛を行う場合、色白の男性よりも日焼けをしている男性の方が痛みが強いと言われます。これはフラッシュ脱毛がメラニンに反応する仕組みになっているからです。そのため日焼けをしている場合は脱毛ができない場合もありますので注意が必要です。

また、ひげの濃く密集している男性のほうが、当然脱毛するひげが多い分、ひげが少ない男性よりも痛みが強くなります。さらに、乾燥肌の人も痛みが強くなりやすいと言われます。つまり、痛いと言われるひげ脱毛の痛みには、個人差があるということです。

▲ ページトップへ